株式会社 伊予桜井漆器会館公式ホームページ歴史
伊予桜井漆器会館
桜井漆器
歴史
ピックアップ
制作工程
喫茶花ぬり
 
新着情報
店舗紹介
会社案内
商品案内
通信販売
Q&A
  TOP>桜井漆器>漆器について
 
 


●人間は、洗濯機や乾燥機には入りませんが、漆器も食器洗浄機や食器乾燥器のご使用はオススメできません。
●そして、人間はお風呂から上がるとタオルで体を拭きますが、漆器も同じように洗った後、拭いてあげるのがベストですが、漆器は自然乾燥でも大丈夫です。

●「漆器は、修理するのにいくらする?」と、よくお問い合わせいただきますが、人間も病院に治療費がいくらかかるか問い合わせをしても、おそらく病院側は答えられないでしょう。人間もお医者さんに直接みてもらうように漆器も実物を直接見ないことにはなんとも言えません。
●漆器は、修理ができることが長所の一つですが、人間と同じで早期発見が大事です。人間と同じように漆器も悪いところを見つけたら早く修理に出してください。ただし、あまりにもひどい物になると、修理をするよりも新しい物に買い換えた方が安い場合があります。
●「漆器は、熱いものを入れても大丈夫?」と、よく聞かれますが、答えから言いますと、漆器は熱いものを入れても大丈夫です。ただ、漆を塗って間がないものは、熱いものを入れると変色することがあり、そういうところから漆器は熱い物に弱いというイメージができたのかもしれませんね。
●ですが、漆は時間が経てば経つほど強くなるので、熱いものを入れても大丈夫です。人間も、赤ちゃんはデリケートなので、ぬるま湯のお風呂に入れますが、年を取れば取るほど熱めのお風呂を好んだりするものです。同じように漆器も時間が経てば経つほど熱いものも大丈夫になるのです。
●人間も、特に女性にとっては日焼けは大敵ですが、同じく漆器も日焼けは大敵です。漆器は直射日光、特に紫外線に弱く、日に焼けると変色したり艶がなくなってしまいます。
●漆器を置く時、また保管する時は、直射日光が当たる所はお控えください。ですが、漆が焼けて変色したり、艶がなくなった物も、塗り直しで修理が出来ます。
●みなさん意外だと思われるかとしれませんが、漆はお酒が好きだと言われています。というのも、漆が乾燥するには、適当な湿度と温度が必要なのですが、実は漆は、お酒を使うことで早く乾くという特徴も持っているのです。
●しかも、漆はなかなか贅沢で、二級酒よりも一級酒、良いお酒を使った方が乾きが早いと言われています。お酒は、漆を乾かす「ムロ」という乾燥室の中に霧状に噴射するのですが、大量に使いすぎてもいけません。「飲み過ぎてはいけない」という点では、人間と同じですね。
●人間も家や部屋にこもりきりになるよりは、外で適度な運動をした方が健康に良いですが、漆器も仕舞い込んだままよりも適度に使う方が健康に良いのです。
●また漆器は、仕舞い込むよりも使ってあげる方がお手入れも必要とせず、長持ちさせることにも繋がります。
●人間は色々なことを経験して磨かれ、そして人として味も出ますが、漆器も使えば使うほど味が出ます。ぜひ、そんな漆器をどんどん使って可愛がってあげてください。